スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
  • Edit
  • TB(-)|
  • CO(-) 
 
 

ポストフロップで役に立つ指標(少し前の)

ポストフロップで役に立つ指標(少し前の)

○ポストフロップで役に立つ指標
1、CB
2、Fold to CB
3、Raise CB
4、Bet vs Missed CB IP
5、Skip CB / Fold


1、CB
これは当然知っていると思います。
ポップアップではSRP(Single Raised Pot)と3etを分けて見てみると良いです。
基本的にはSRPでの数値を参考にしましょう。

2、Fold to CB (FCB)
CBを打つ際にこちらの数字をみなさん見ていると思います。
こちらもSRPで。

3、Raise CB (RCB)
IPとOOPでどれくらい差があるのか?チェックしてみると良いですね。

4、Bet vs Missed CB IP (BMCB)
こちらはかなり重要な指標です。
キャッシュゲームで25NLあたりを打ってる人でも全然存在を知らなかったりします。
PFでIPのプレイヤーにCCされた際に参考になります。
自分がCBを打たなかった時にIPからベットされます。
この数値が高いと自分がチェック→ハンド関係なく打ってくると考えて良いです。


5、Skip CB / Fold (SCBF)
こちらもかなり重要な指標です。
プレイヤーがIPからCCした場合、相手がCBを打たないでチェックしてきました。
自分がベットし、相手が降りた。これがSkip CB / Foldです。

フロップでCBを打たない場合、c/fをほとんどするプレイヤーが多くメジャーエラーの一つになっています。
この数字はBMCBと組み合わせると便利ですね。

自分がオリジナルレイザー →相手のBMCBをみる
相手がオリジナルレイザー →相手のSKCBをみる


この1-5までの数値を見ていればポストフロップで困ることはあまりありません。
自分はPFでは相手のRFI、Fold to 3bet、4betの他、CB、SCBFを見て3betするかCCするかFoldするかを判断しています。
相手のCB率が低くて、SCBFが高い場合かなりポットを取りやすくなるのでCCするレンジを広げることが出来ます。

自分がオリジナルレイザーの場合は相手のFCB, RCB, BMCBをみます。
それらの数字を見て、CB率を高くしたり、c/rを組み合わせたりしています。


実際にこれらの指標を使うにはハンド数が相当必要です。
どれくらい必要か?と疑問に思った方は、CCする確率から割り出してみると良いと思います。
すごく簡単にしか触れませんでしたが、ポストフロップで行き詰ってる人はここらの数値をちゃんと見て
アクションを考えてみると良いと思います。
スポンサーサイト

Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。