スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
  • Edit
  • TB(-)|
  • CO(-) 
 
 

PLO雑記(2) OOPでの3betについて

PLO雑記(2) OOPでの3betについて

PLOの勝ち組のデータを見ると、BB,SBでの3betはほとんどが8%~9.5%。
負けてるプレイヤーやあまり勝ってないプレイヤーは3betが12%~15%程度になっている。

PLOにおけるAAxxは2.57%(6961)。
rainbowとsuited aceでないsuitedは3betせずにcallしたほうが良い。
suited aceとはAcAdQcTsのようなAのsuitedという意味。

基本的に3betでのFEはなく、中途半端なSPRでのプレイになるのでAAはよく死ぬ。
NLHEとの違いで面白いのはvs20%, vs 35%, vs 80% rangeに対してのEQはあまり変わらないことだ。

3betの構成は
1、AAxxのssとdsの2%程度
2、A[K-T][K-T]xといったA+絵札2枚でのss,ds
3、AKK,AQQといったA+ビッグペアでのss,ds
4、T987dsといったらランダウンds

などが多い。みるとわかるけれどA含みが非常に多い。
利点は
1,Aを含んでいるので常にナッツフラッシュになりえる
2,ヒットをすれば1ペアでは最強
3,大体3枚以上の構成なのでストレートや2ペアを作れる
4,ペアザボードになるとAAを主張してCBでのFEが高い

などである。逆にいうと4betされるとつらい。
4betをされると5betに対してFEが皆無になるので4betにはcallすることがほとんどである。
4bet potではSPRは1付近になるのでほとんどall-inになる。all-in出来るハンドは1ペアまたはドローである。

実践的には広い3bet rangeに対して4betヘビーはありです。
スポンサーサイト

Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。