スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
  • Edit
  • TB(-)|
  • CO(-) 
 
 

マイクロで勝つためには その1

マイクロで勝つためには その1

1、基本となるスターティングハンドの構築
ポジションごとのスターティングハンドを設定しましょう。
また、自分の中でスターティングハンドをしっかり把握しているか確認するため、
10000ハンドぐらい打ったらHM2でポジションごとのハンド分布を見てみましょう。
ここでスターティングハンドにないハンドをプレイしていたら修正しましょう。
ただし、相手の情報を元にして変えたなどあるなら良いと思います。

2、数学的にプレイする
ポーカーで最低限必要なのは算数レベルの計算です。
テーブルイメージや相手は俺のことをこう思ってるから~などと妄想でプレイするのは極力辞めましょう。
ノーマルキャッシュテーブルなら少しは意味ありますが、ZOOMだとサンプルたまらないので完全に妄想になります。

3、ティルト対策
ポーカーで一番大切なのはメンタルコントロール。ブチ切れたら勝てるものもありません。
何故ティルトするのか?どうすればティルトしにくいか?を考えてみましょう。
大事なのは予防策です。ティルトしたら自分は寝ます。

4、トラッキングソフトの活用
HM2やPT4はHUDを表示するだけのソフトじゃありません。
プレイヤーのデータをopponentsで一覧でみることができます。
そこで勝ち組、負け組でどの程度おおまかな差があるか確認してみましょう。
気になったプレイヤーを個別でみてgyazoなどで保存して画像集化してもいいですね。

5、他のプレイヤーの意見を聞く
ひゃっほう掲示板やポーカーストラテジーやLivetube、スカイプなどコミュニティはたくさんあります。
自分以外の意見を聞いて、引き出しを増やす努力をしましょう。玉石混合なので必ず自分で取捨選択しましょう。
コミュニケーションをとることで、モチベーションがわいて来たり気晴らしにもなりますしね。

6、ルースアグレッシブは存在しない
マイクロにルースアグレッシブは存在しません。ただ下手くそなだけです。

7、青線(showdown)と赤線(non Showdown)について
よく、赤線がダダ下がりなのですが…と聞かれることがありますが、実収支が出ていれば問題ありません。
何故か?マイクロレートでは、降りれない相手(バリューをばら撒く相手)から搾取することが基本にして肝要です。
負けるプレイヤーはバリューを取られまくるので赤線が右肩上がり、青線は右肩下がりになることが多いです。

自分は赤線が右肩上がりのプレイヤーですが、100NLぐらいだとブラフが多少効くのでそうなってるだけです。
ブラフが効くには相手がある程度理解しているプレイヤーじゃないといけません。
スポンサーサイト

Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。